初心者におすすめ!定番のキャンプブランドのご紹介!

f:id:otonatoshoshitu:20200711120202j:plain
この記事ではキャンプを始めるあなたに、キャンプのブランドをご紹介!

 

テント、寝袋、マット、焚火台、それから椅子にテーブルに...!

レンタルもしようと思えばどれもできるので無理に買い揃える必要はないが、キャンプを長くしているとやはり自前のグッズが欲しくなってきくる!

 

ここでは、キャンプギアのブランドでメジャーどころを筆者の主観で選出!

 

キャンプ用品総合メーカー

coleman コールマン

価格: ★★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★
使い勝手: ★★★★

アメリカ発のアウトドア用品総合メーカー!

お手頃な価格で信頼性の高いものが多く、幅広い層に支持されている優等生ブランドだ。ギアにあるランタンマークがポイント!

 

テントやタープ、シュラフ、マット、焚火台はもちろん、椅子やテーブル、食器などのカトラリーまで全範囲をカバー

キャンプ経験者であれば、必ず一度はお世話になるブランドである

 

■代表アイテム例 

 

snowpeak スノーピーク

価格: ★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★★
使い勝手: ★★★★★

筆者一押しのブランド。

日本の新潟発のブランドで、価格は高いもののデザイン性や耐久性の高さには定評がある

永く愛用できるギアが揃っており、アフターケアも充実の信頼性の高いメーカー。

 

テントやタープを、椅子やテーブル、調理器具やランタンなどの広範囲に及ぶギア群のほかに、アウトドア用衣類なども扱っている。

質実剛健という印象がある一方で、近年ではソロキャンプや登山用の軽量ギアなども増えてきている。

 

■代表アイテム例

 

UNIFLAME ユニフレーム

価格: ★★★★★
見た目: ★★★★
耐久性: ★★★★
使い勝手: ★★★★

こちらも日本の新潟発のコストパフォーマンスの高いアウトドア総合メーカー。

金属加工技術に優れ、焚火台やダッヂオーブン、テーブルなどが特に有名。 

ツーリングや登山などに合うような軽いギアは少ないため、オートキャンプにおすすめ!

誰もが認める実力を兼ね備えている

 

■代表アイテム例

 

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ

価格: ★★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★★
使い勝手: ★★★★

業界随一のコストパフォーマンスをもつ総合アウトドアブランド。

とにかく安い、非常に安い!

ただし、品質が殊更に悪いわけではなく充分に実用的。

デザインや携帯性に大きなこだわりがなければ、このブランドギアで最初は揃えることもできる逸品揃いだ。

ロゴにちなんで、別名「鹿番長」と呼ばれている。 

 

■代表アイテム例

 

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン

価格: ★★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★
使い勝手: ★★★★★

大手アウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルブランド。

タフなテントやタープを中心に、薪ストーブや寝袋など幅広く展開している。

そのこだわりは強く、ベテランキャンパーが指名買いで購入する逸品もたくさん。

特にサーカスTCやムササビタープなどが有名。

 

■代表アイテム例

 

mont-bell モンベル

価格: ★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★★
使い勝手: ★★★★

登山用アウトドアブランド。

登山グッズを中心に、キャンプでも使える調理器具やテント、シュラフ、機能性の高いウェアなどを展開している。

駅構内に隣接するような店舗も多く、立ち寄りやすいのも魅力。

キャンプでも、ソロキャンプや山のテント泊などの際には特にオススメのブランド。

 

■代表アイテム例 

 

LOGOS ロゴス

価格: ★★★★★
見た目: ★★★★★
耐久性: ★★★★★
使い勝手: ★★★★★

 

キャンプ用品の総合ブランド。

テントやタープ、焚火台、アウトドアウェアなどのキャンプグッズを幅広く展開。

ナバホテントやピラミッドグリルなど、他とはちょっと高うデザイン性が特徴

また、地味に人気があるのが、簡単に着火できる扱いやすい炭・エコココロゴス!おすすめの一品。

 

■代表アイテム例 

 

専門ギアブランド

Herinox ヘリノックス

軽量かつデザイン性の高いアウトドアチェが特に有名な韓国発のブランド。

価格は高いものの、その軽量性やデザイン性はそれな見合った実力秘めている!

近年では、テントなどの大物ギアも手掛けるようになった。 

 

■代表アイテム例

 

PRIMUS プリムス

スウェーデン発の燃焼機器メーカー

とくに軽量・高機能なバーナーやクッカーが有名で、登山によく用いられているようだ。

 

■代表アイテム例

 

NANGA ナンガ

日本の滋賀県にあるダウンシュラフメーカー

登山用に作られたダウンシュラフは非常に暖かく、アフターケアも充実している。

冬キャンプにオススメ。

 

■代表アイテム例

 

LODGE ロッヂ 

アメリカ発のスキレットやダッヂオーブンなどの鋳鉄製品ブランド

これらアイテムの代名詞でもある。

キャンプ料理にこれら鋳鉄製の鍋やフライパンを使用するキャンパーは非常に多い。絶品の料理の数々を生み出せる魔法の調理器具、お薦めだ。

 

■代表アイテム例

 

最後に

なんとなくイメージはついただろうか?

キャンプを始めるとついついギアに熱中してしまう。

それがキャンプの楽しみの一つだとは思うので、末永くお付き合いできる気に入ったものを探してみてほしい。

なお、あくまで私の主観でのイメージになりますし、ラインナップの説明などに不足などもあるかもしれない。その点につき、ご了承いただきたい。

 

それでは、素敵なアウトドアライフを!